烏骨鶏のオススメ関連商品


烏骨鶏の関連Books


養鶏の本




Yahoo Shopping


卵の孵化の仕方

鳥骨鶏の卵の孵化の仕方は、親鳥に孵化させるのが一番手っ取り早くて簡単ではありますが、うこっけい小屋の環境によっては自然孵化が厳しい場合もあります。

そのため、飼育しながら人工的に孵化させていくのがある意味一番確実ではあるのですが、有精卵を見分けることがまず難しいため、始めのうちは親鳥に卵を孵化させ、その間に孵化するまでの日数を覚えておき、後は計算しつつ人工孵化させていくというやり方が一番お勧めできます。


神秘の鳥 烏骨鶏のすべて
烏骨鶏の飼育・飼い方や歴史、薬膳の料理など、ウコッケイのすべてを知りたい方にオススメの本です!

Yahoo Auction


鳥骨鶏の卵を人工的に孵化させる仕方としては、温度管理が最も重要になります。
卵が生まれてから一週間程度までは32℃で温める。
二週目は29℃。
三週目は26℃。
四週目は24℃と、徐々に温度を下げてあげることが重要となります。
これは親鳥のお腹の中にいた時の環境から、徐々に外界で生活するための環境へと慣れさせていくためです。

急激な温度変化には対応できないという修正が親鳥になっても備わっていますので、卵を回転させつつ、外で成長できるように卵の段階から飼育していくようにしましょう。
posted by ウコッケイ at 11:12 | 卵(たまご)と孵化